Avid Media Composer First のお話 - Bin の基本的な機能(プリセット)

Avid Media Composer First のお話

Bin の基本的な機能(プリセット)

Binは素材を置いたりするのですが、整理好きの方だけでなく、情報を把握しやすい仕組みがあるんですよ。
編集機材ってデータベースみたいなもの!って思うと、そりゃー情報把握しやすくしたくなる。

見える情報をプリセットで切り替える方法!

この1枚目の画像では、Column(コラム)設定を変更してサウンドファイル用に項目を選んでる。



続いて、2枚目の画像では今回選んだColumnの設定をSave Asで保存する。

3枚目の画像では、プリセット名を「Sound」として保存してるところ〜。

4枚目の画像では、Binの下にあるプリセット選ぶところで切り替えがここでできるよ〜の図。

コメント

このブログの人気の投稿

災害時の電話以外の通信手段について

東京メトロのちょっといいところ