投稿

11月 8, 2010の投稿を表示しています

みんなががんばってる

週末は色んなメディアが面白かった。それぞれのメディア特性を活かしていたという事がとても興味深かったです。
何よりも、"みんながんばってる"って事がすばらしいなと。 個人ががんばっても何かを伝えられ、大きなメディアではその大きな器の面白さがある。
今は、ある程度できる個人しかがんばれないかも知れませんが、今後はその範囲がもっと広がるのではないでしょうか?
ワクワクする事を世の中にどんどん広げて行きたいですね。


■ NET:USTREAM
デジタルステージの平野友康さんと古川 享さんが、坂本龍一さんのライブをUSTREAMするっていうイベントがありました。土曜日のライブでは強羅からの帰りの電車の中から聞く事ができました。残念ながら映像は途切れてしまうのですが、それでも音楽が聞こえるというこの素晴らしさ。
そして1万人がアクセスをした。 USTREAMというメディアが1万人メディアにもなるという面白い結果を出したなと。

■ 映画:3D映画の歴史をたどる
東京国立近代美術館フィルムセンターのユネスコ「世界視聴覚遺産の日」記念特別イベントとして「3D映画の歴史3D映画の知られざる歴史をたどる」が開催されました。
私がすごいなぁ〜と思ったのが、50年代に作られたディズニーの立体視の作品。 Meoldyという作品の一部分を立体視でみる事ができました。 Disney '53 - Melody
また、ヒッチコックのダイヤルMを廻せ!では撮影時の立体視への工夫を見る事ができ、とても興味深く、過去の立体視作品のでもハリウッドだけはきちんと立体視ができていいるところも参考になりました。
フィルムセンターは初めて行ったのですが、こうやって過去のフィルムを保存するのに立体視のフィルムの保管は個人ががんばっているそうです。
同じ状態で保存も必要ですが、リストアしスタビライズして見る事ができたらいいのになぁと思いました。

■ TV:日本シリーズ
11/6の試合では、6時間にわたり放送し11時以降はCMも入らない状態で放送をした。そして、翌日11/7の試合も140分の延長となり見ていてとても面白い試合でした。 多くの人がソーシャルネットワークを通じて、面白さを伝え合うところにも今後への可能性を感じました。何よりもそれだけ面白いコンテンツだったと言う事ですよね。
記事:契約時間オーバー!フジテレビ日本シリーズで…