Avid Media Composer First のお話 - Bin のこれがすごい!(Column:コラムのコピー)

Avid Media Composer First のお話

Bin のこれがすごい!(Column:コラムのコピー)

Columnのコピーってなんぞや??って思う人が多いと思うんですが、私が一番感動したのはこれ!!

Column:コラムのコピー

1枚目では、Columnが縦に選択できてるところがポイント!

こういうのって横だけだったりするじゃないですか?(笑)そして情報をまとめて欲しくても手入力とかとか…。
1000個あったら手入力が、1つ5秒で終わらせても、
3秒 x 1000個 = 3000秒
3000秒 = 50分ぐらい

なのでColumnを縦に選択してCommand + D(Macね)すると、他のColumnに貼り付けできるんですよ。


50分も手入力でかかっちゃう面倒なことが、3秒で終わるんです。

今回は、元の素材の長さを別のBackup Infoってところにやってみました。(3枚目の画像)

具体的に、どんな時に便利かというと
・読み込んだ素材の時に、パスの情報を残して置くとか
・読み込んだ素材のHDD名を残して置くとか
あまり、これが使い方!って考えないで、色々と無償で触れるようになったので、データベースとして保存しておいたら便利じゃん!!って思うことを、考えてみるものいいかなと思います。

Binだけでも、楽しめちゃうMedia Composerでした!!

コメント

このブログの人気の投稿

災害時の電話以外の通信手段について

東京メトロのちょっといいところ

FCP Xのプロダクトマネージャーからのコメントから読み取れる事