WiMAXのテスト

■ Apple TVで映画が見たい

実家でもApple TVを使いたかった。実家のインターネット環境はコストを下げる為にADSLを使っているのですが、基地局から4kmを越えており1Mbps出ない。なのでせっかく購入したApple TVもAirPlayで楽しむ以外の楽しみ方がない。いい機会なのでそろそろインターネット環境問題合わせて見直してみようと思いました。


■ 今の時代におけるネットワークの必要性

従来はそんなに速度が必要では無かったが、最近はアップデート等でも高速なダウンロードが必要になる。昨日もiPod touchのiOS 4.3.1更新のダウンロードに1時間かかった。これは改善しなければならない状態だなと。


■ WiMAXルータタイプを購入

というわけで、以前はUSBしかなかったWiMAXもルータタイプが出ているのでNEC Aterm WM3500Rを買ってみた。使えなかった時はモバイル無線LANルータとしても使えるし有線LANがクレードルで付けられるのも都合がいい。

Emobileが悲しいのは、解約するとそのルータでは再契約できないのが気軽に試せない理由です。B-mobileもWiMAXもルータは再契約できるのはいいですね。


■ プレゼンテーションでも無線LAN環境が欲しい

AirPlayを利用してApple TV経由でプレゼンテーションすると言う時代はすぐそこまで来ている。そんな中で手軽に無線LAN環境を作れるのはありがたい。そういう実験も含めた購入だったのです。


■ WiMAXのパフォーマンス

今の1Mbpsしか出ない環境よりも少しはいい。だが、やはり遅いのは変わらない。やはり常時WiMAXと言うのはかなり敷居が高そうです。

ただ、これでネット環境が作れるようになれば、それこそ便利なんだろうなと。ただし、WiMAXの基地局はバッテリを装備されていない箇所が多いらしく、停電時には動かない可能性が高いとの事。


■ 実家の環境は

あれこれテストしてみましたが、やはり実家では安くなった光回線を入れようと思う。


■ インターネットを「だれでも・どこでも」使って欲しい

なぜ、こうやってインターネットを使えるようにしているか?と言うと、私だけでなく両親にももっと使いこなしてもらいたいからです。今回の震災でも少し時間がかかるがインターネットの回線を利用する事で多くの情報を得たり、優先度の高い電話へ電話回線を譲る事にもつながった。

また、自分で正しい情報を調べる事ができると言うのは、人生においても必要なのではないかとも思うのです。

でもいきなりインターネットの勉強から入るのは面白く無いのでiPod touchのFaceTimeやApple TVで映画見たりと楽しい事からインターネットの面白さを伝えていければと思います。



--
from iPad

場所:3丁目,千葉市,日本

コメント

このブログの人気の投稿

災害時の電話以外の通信手段について

東京メトロのちょっといいところ

FCP Xのプロダクトマネージャーからのコメントから読み取れる事