iPad Restart

■ iOS 4.2.1がついにリリース

iPhoneは既に、iOS 4になっていたのですが、仕事で使う事が多いiPadが、iOS 3だったんですよね。まだかなまだかなと、待っていたのですが、ついに登場。深夜にも関わらずTwitterではiOSの内容であふれてました。


■ iPadでの改善

個人的な重要度としては下記の順序かなと。

  1. マルチタスク
  2. 辞書
  3. フォルダ管理
  4. AirPlay
  5. AirPrint

一つずつが良いという事よりも、いくつかは連携して使い勝手が良くなっているんですよね。

例えば、マルチタスクでメモをしながらSafariでブラウザするそしてTwitterへつぶやく。その際に文字の入力が改善と辞書機能によって、ますますiPadが使い勝手よくなったという感じです。これにAirPrintもサポートされれば、かなりの事がiPadだけでできてしまいそうです。

また、キーボードを持ち歩いていたのですが、文字入力の予測が良くなったのか、とても心地よく入力できるので、よっぽどの事が無い限り持ち歩かなくても良さそうです。


■ AirPlayの可能性

Apple TVのiOSもアップデートすると、iPadやiPhoneからAirPlayを使って、Apple TVのHDMIからテレビに出力できるのです。AppleTVはストレージがないので、プレゼンの際に使いにくいと思っていたのですが、あっという間にiOS 4.2で改善してしまいました。もちろん無線LAN環境を持ち歩く必要がありますが、bmobile等のデバイスでできたら良いですよね。もう少しテストしてチェックしていきたい所です。

こうなると、iPadでビデオレンタルというのがかなり現実的になってきて、コンテンツ制作の立場から見るととてもすばらしいなと思うのです。


リンク
Apple iOS 4.2アップデート
http://www.apple.com/jp/ios/

コメント

  1. レンタルビデオ業界に変革が起きてもあまり大きな影響がないと早合点していましたが、Appleのような企業が複合技で利便性を高めてくれることで、大きな転換点に来たのだと最近気がつきました。

    大きな変わり目は、小さな変わり目の複合なのだと勉強しました。

    返信削除
  2. yamaqさんへ

    iPhoneの成功がまさに小さな事の集大成だと思うんですよね。小さい事の積み重ねで、それはMacOS Xでみんなが使って行くうちに培っていた。
    それがiPad、Apple TVへと同じテクノロジーで拡張しあうってすごいと思うんです。

    何よりも、最初にデザインされていたからこそだなと思うのです。

    同じ様に、今私たちが取り組んでいるファイルベースについても、そろそろ長期的な視点を入れて共有して行きたいですね。今はちっちゃなアクションかもしれませんが、5年後違った世界になっていると思いますので。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

災害時の電話以外の通信手段について

東京メトロのちょっといいところ

FCP Xのプロダクトマネージャーからのコメントから読み取れる事