幅の広いユーザー層へ

■ アクセシビリティ


iOS 4.2アップデートでは、下記の様にアクセシビリティの向上が入っています。
アクセシビリティの向上 
ワイヤレスキーボードでVoiceOverをコントロールできるほか、25か国語以上、30種類を超えるBluetoothワイヤレスブライユ点字ディスプレイにも対応しています。
実際に使ってないのですが、こういう取り組みをできるという事に凄さを感じますね。


■ 50音入力キーボード


更に"50音キー"のキーボードレイアウトも、パソコンを使った事無い層に対してかなり良いポイントになるのではないでしょうか?今まで、リモコンじゃ打ち込みにくかった50音のレイアウトですが、タッチパネルになる事で難しさがかなり低減されていると思います。

人がデバイスを通じてコミュニケーションする時代は、すぐそこまで来ているなと感じました。知識の共有によって、幸せがもっと増えるといいですね。

コメント

このブログの人気の投稿

災害時の電話以外の通信手段について

東京メトロのちょっといいところ

FCP Xのプロダクトマネージャーからのコメントから読み取れる事